「流行に合わせて写真の撮り方も
アップデートが必要」

ポーセラーツ教室「青山ELLEJOUR」さん インタビュー

今の時代、個人で活動するにはWEBの発信は大切になります。写真の出来栄えで集客力が変わると言っても過言ではありません。 青山でポーセラーツ教室を主宰する「青山ELLEJOUR(エルジュール)」さんは、教室を運営するだけでなく、ファッションイラストレーターとして自らの世界を表現し続け、数多くの企業と仕事をしています。自身のブランディングにWEBを活用する大切さを伺いました。

◆最初にポーセラーツの教室を開く経緯を教えてください。

2014年まで会社員を10年間していました。会社員時代から起業に興味があって、「何かはじめたい」という気持ちがずっとありました。

小さい頃から絵が好きで、絵画教室を通ったりして、社会人になってからポーセラーツを習い始めました。

ポーセラーツは、陶器に転写紙を切り貼りして自分の作品にすることがメインですが、専用の絵の具を使ってイラストを描くこともできます。陶器は、紙と違って絵の具をはじくので、何度も描き直しができ、絵の具を吸い込む紙とは違う表現になります。

その表現方法が楽しくて、「自分がやりたいことはこれだ!」と気づき、会社員を辞めてすぐにポーセラーツの教室をはじめました。

自分が教室をはじめてから本場の技術を学びたいと思い、毎年3回くらいフランスに技術を学びに行っています。

◆フランスと日本の絵付けは違いますか?

技術は日本の方が繊細で細かく、個人的には海外と比べても日本の絵付けの技術は高いように感じています。

だけど、製陶技術や歴史などは海外が奥深くて、絵付けも日本と描き方がまったく違います。海外へ行くと、自分の引き出しがすごく増えるように感じるので、そういった意味も含め定期的に行っています

◆2014年に会社を辞め、起業してまだ4年しか経っていないのに、イラストレーターとして企業の広告に採用されるなど、すごい活躍ですね。営業はどのようにしているのですか?

実は営業はほとんどやっていません。スタイリングしたキレイな写真をHPに掲載していると、その写真を見て声をかけてもらうことが多かったと思います。

イラストや写真のお仕事をいただいているクライアントの皆さんがおっしゃるのは、「InstagramやHPを見て…」です。

HPやSNSに載せている写真が私の営業ツールなのかもしれませんね(笑)

◆WEBブランディングで意識していることはありますか?

これは窪田先生がよくおっしゃっているのですが、ブログ運営は更新頻度が大切なんだそうです。それを守って、ブログやインスタグラムはほぼ毎日更新しています。

◆フォトスタイリングを習おうと思ったきっかけは?

マーケティングの仕事をしていたので、教室をはじめる時にポーセラーツ業界は何が足りていないのだろう? と考えました。

教室をはじめた時、私は実績もなく、まわりにポーセラーツの教室も多かったのですが、HPを持っている教室は多くありませんでした。

そこで、素敵なHPを作って他の教室と差別化しようと考えました。

無名の私がまずやることは、HPに載せるキレイな写真を撮ることだ! と思って、素敵な写真が撮れる写真教室を調べて、フォトスタイリングをすぐに習いました。

◆フォトスタイリングを習う前は写真を撮っていたりしましたか?

写真はまったく撮っていません。会社員時代が企画やマーケティングの仕事だったので、資料を作る写真をコンデジで撮る程度です。

フォトスタイリングを習っても、実は準一級までは、コンデジで参加していました(笑)

キレイな写真にカメラの性能はあまり関係ないのかもしれません。むしろ、スタイリング次第で写真は魅力的に変わることが、フォトスタイリングを学んでからよくわかりました。

初めて買った一眼レフはエントリー機種なのですが、そのカメラを今も使って撮影しています。

◆フォトスタイリングを習って、作品に役だったことがありますか?

「イラストを被写体の一部と考え、スタイリングする」という、自分の作品をより良く見せる方法を学べたことは大きかったと思います。

もし私がフォトスタイリングを習っていなかったら、イラストを普通にJPEG化してHPで発信していたかもしれません。

◆作品作りでこだわっていることはありますか?

模倣ではなく、自分でデッサンを描いて、それを作品に起こしています。

あと、イラストを陶器に展開したいという想いがあるので、普段、紙に描いているのと同様に墨で描いたようなものを作るようにしています。

◆モノクロの作品が多いですが、そこにこだわりはありますか?

書道をずっとやっていたことが影響しているのかもしれません。陶器全体に色を塗るより、余白を意識したモノクロで表現された世界観が好きです。

◆フォトスタイリングの魅力とは?

私は2級と準1級を通うのに、2年ぐらい間が空いています。

2級講座が終わった時、フォトスタイリングの基本が学べたので、ここでいいやと思って、辞めてしまいました。

ある日、自分が撮っている写真と流行がぜんぜん違うと感じました。そんな時、フォトスタイリングのHPを久々に見たら、流行に合わせたオシャレな写真が掲載されていて、私が習っていた時と写真が変わっていたんです。それに衝撃を受けました。

人を惹きつける写真は常にアップデートしないといけないと感じて、またやらなくちゃ!と思って準1級を通うようになりました。

写真にも流行があって、それを取り入れないと、きれいに撮れていても「古くさい」と感じてしまうんですよね。

キレイな写真撮り方の写真教室はたくさんありますが、刻々と変わる流行を取り入れた授業内容が他と違うと思います。

また、クラフト作家さんやお教室をやっている先生など、自分の作品を見せる生徒さんが多いので、それを踏まえたアドバイスが常にあることが嬉しいですね。

◆フォトスタを習いたい人にむけてひと言

習い事とは、物を買う事とは違い形に残りません。だけど、情報や経験は自分の経験として確実に蓄積されています。

個人で活動すると、知らず知らずに世界が狭くなってしまうことがよくあります。フォトスタイリングに通っている生徒さんは起業している方が多く、お花や料理の先生、クラフト作家、フリーランスのカメラマンやスタイリストなど、プロフェッショナルな方々が多くいます。そのような方々と話すと、自分を客観的に見つめ直す機会になり、良い刺激になります。

新しい事をはじめる時、最初の1歩を踏み出す時は勇気がいりますが、「やりたい」と思ったことは絶対やった方がいいと思います。

◆ありがとうございました

<プロフィール>
青山ELLEJOUR(エルジュール)


水墨画絵付け師、日本ヴォーグ社ポーセラーツ ペインティングコース本部講師、書道師範、イラストレーター。

大学卒業後、大手メーカーに10年間勤務、商品開発・マーケティング業務などを担当。


2014年ポーセラーツ教室「青山ELLEJOUR(エルジュール)」を開講後、サロン・教室開業・支援サポート会社「株式会社ELLEREVE」を設立、代表取締役を努める。また、都内有名美術学校にてイラスト・絵画制作を行う。

オリジナルのデザイン、図案をもとにした繊細でモダンな絵付けを提案。国内だけではなく、年数回渡欧し伝統的な陶器絵付けを継続的に学ぶ。

多くの企業からファッションイラストやデザイン制作、写真撮影や写真講師、アートディレクションの仕事を請けるなど、幅広く活動している。2017年2月より日本ヴォーグ社 ポーセラーツ本部の商品企画アドバイザー業務を請けている。

HP:青山ELLEJOUR
ブログ:東京 港区 表参道の絵付け・ポーセラーツ教室 駅近1分 青山ELLEJOUR®︎
Instagram:aoyamaellejour