カフェのスイーツをインスタ映えさせるカンタンなコツ

カテゴリー:

2018.02.19

素敵なカフェで頼んだスイーツがとても可愛い!
早速撮ってインスタにアップ、と思ってスマホで撮影してみると・・・

何の特徴もない写真・・・インスタ映えにはほど遠い仕上がりです。

iPhoneのカメラモードで取りましたが、まず気になるのがアングルです。
アングルが真上過ぎてフラットな印象になってしまっています。

しかも写真右下辺りには自分の影も入ってしまっています。

そこで今度はポートレートモードで撮り直してみました。

写真の上方、後ろの方にボケができるので遠近感が生まれて、グッと奥行き感が出てきます。

さらに今度はフレーミングを変えてみました。

カフェ自体がお洒落でインスタ映えする空間なので、写真内にあえて背景として入れ込んでみました。

向かいの席の椅子が入り込むことによって、カフェという空間がより伝わるようになりました。

さらにカフェの背景を入れ込んでみました。

いかがでしょうか。

一番のポイントは、iPhoneの被写界深度モード(ポートレートモード)を使って、背景を写り込ませていることです。

それだけで奥行きが生じて、フラットで特徴のない写真から抜け出すことができます。

カメラをどこに向け、何をどこまで写し込ませるか、というフレーミングの意識を持つことが大切です。

とにかくカフェでは「ポートレートモードで背景を入れる」と覚えておけばOKです。